ニコニコ生放送の高画質配信手法

ニコニコ生放送における配信手法を説明するので、これを見たプレミアム持ってる人は積極配信するようにお願いします。

はじめに

従来、ニコニコ生放送は高ビットレートによる配信が難しく、AoCの配信は難しいものと考えていた。しかし、最近になり、AdobeのFlash Media Live Encoderによる高画質配信が可能であるということが判明し、コミュニティの興隆のため有効な媒体になると判断した。配信手法を明確にすることで、各配信者の参入を促したい。

…さっき(2011/05/06 15:00現在)、過去の生放送検索したんだけど、「AOC」で私の放送が40件、「AOE3」の場合102件程度、しかも複数人放送。

新規参入者を増やしたいと思う方は、積極的に協力していただきたい。

前提

この記事では、現在既に配信を行える人を対象としているため、以下の事項は既に満たしているものとする。

Intensityを利用した配信環境
「#AOC配信部屋」などで配信を既に行うことができる人

前提がある上で、必要なもの

ニコ動プレミアム会員
3ヶ月で約1600円、月額換算で600円弱。是非とも加入するように。
Flash Media Live Encoder
Adobeへの登録が必要、詳細は後述

Flash Media Live Encoder の導入

全体的な流れとしては、Flash Media Live Encoderの入手と設定→コミュニティ参入しての放送開始、となる。

Flash Media Live Encoder とは

Adobeが開発したエンコーダ、H.264動画をflashの形でpushできる。

要するに「自前でエンコード→エンコードしたものを公開サーバに投げる→他の人は公開サーバから視聴できる」という形、本質的な部分は鏡鯖と大した差はない。

Flash Media Live Encoder の導入

まず、Adobeの該当ページからダウンロードを行う。

2011年5月6日現在、最新バージョンは 3.2 の様子。私も 3.2 で配信している。

Adobeに個人情報を登録する必要がある。ダウンロードだけ、というのはできない。

登録画面は英語だが難しくはない。E-mailの部分は、後でアカウントのverificationのために必要なので、正確に記入すること。それ以外の*の部分は、適当に (Countryの部分は変な入力すると弾かれるかもしれないが)。

一番下の COMMUNICATION PREFERENCE については、チェックを入れたままだと登録したE-mailに面倒なメールが飛んできそうだったので、私は全部外させてもらった。

利用規約 (Terms of Use) や プライバシポリシー (Privacy Policy) の部分は適当に読む。ダウンロードはOSに応じたものを自分で適切に選ぶように、32bitと64bitの区別には注意。インストールもそんな難しいことはないはず。

Flash Media Live Encoder の設定

DeviceDecklink Video Capture
FormatH.264
Frame Rate30.00
Input Size1920x1080
Maintain Aspect Ratioチェックを外す
Bit Rate256kbps, 640x480

途中inputがおかしい旨、警告ウィンドウが出るかもしれないが無視。

多分こんな設定になるのではなかろうか。Encoding OptionsのVideoタブから設定するように。 この時点で左上の「File → Save Profile」で保存しておくと良い。

Outputのパネルの部分の設定は後で行うので、今は放置する。

生放送の準備

手順としては、「AoCコミュニティの参加→放送開始」となる。

AoCコミュニティの参加

ニコニコミュニティ AoC に参加するだけ。

生放送は全員に許可してありますので、勝手にやってください。

番組の登録

右上の「このコミュニティで生放送をする」をクリック。

新規番組登録のフォームを全て埋めて確認。

混んでなければ、利用規約に承諾してすぐ開始。混雑している場合は順番待ち画面になるので、「最後尾に並ぶ」を押して枠が確保できるまで待つ。順番が回ってきたら呼び出し音が鳴るので、放送開始を押して開始する。

放送のsetting

「外部ツールによる配信」を選び、最初の公開ポイントのURLをエンコーダの右側Output Panelの「FMS URL」に入力、下のco~~を「Stream」にコピペしてConnectする(この設定は毎回枠を取るたびに変わるので保存しないように!)。

Connectを押して特に問題がないようなら、Startを押すとテスト画面に配信が行われる。

もしConnectに失敗するようなら、まずコピペに問題がなかったか調べる(特にFMS URLは一度完全に空欄にしてからコピペしないと、見えてない部分に文字列が残りやすいので注意)。

「放送の開始」を押して本当に放送開始するか確認したら、放送が開始される。

おわりに

ニコ生のFMLEを利用した放送方法について説明した。これにより、生放送者が増えることを期待する。

今後、ニコニコを新規参入獲得のために利用する手法について考察を続ける予定である。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-12-02 (日) 00:46:06 (2507d)